【新型コロナウイルス感染症】イタリアCONSOB(企業と証券取引のための国家委員会)「証券取引は停止しない」

企業と証券取引のための国家委員会CONSOBは、現時点では証券取引所の閉鎖については考えていないことを明かした。市場は緊迫しているが、進行中の投機売りなどは見られず、新型コロナウイルスの影響によって生じるリスク回避の動きによるものだ、とした。

CONSOBによると、現在の不安定な株式市場を修正することは不可能であるとし、個々の銘柄の一時的な取引停止がうまく機能している状態と考えていることを述べた。

また、CONSOBは、「いずれにせよ、空売り禁止処置は、価格の下落が平均10%を超え、その他の条件が重なった場合に採択される一方、証券取引所の全取引の停止は、問題を片づけないまま価格インジケータをオフにすることを意味し、この先すぐに解決するのが容易ではない市場の問題を引き起こす。」と付け加えた。