【新型コロナウイルス感染症】イタリア製品保護のためにイタリア政府が7.16ユーロを投入

新型コロナウイルス感染症の影響により輸出への影響が懸念されるメイド・イン・イタリー製品の保護政策としてイタリア政府は7億1,600万ユーロの予算を投入することを発表。

ルイージ・ディ・マイオ外務大臣は、コロナウイルスによる経済的影響を最小限に抑えるための緊急計画であり、新型コロナウイルス感染症による緊急事態の中で、イタリア市場に対する警戒感や、見本市などの中止など様々な要因による、経済的な影響に対策を講じるため、すべての提案に対し、最後の1ユーロまで有効に使用する、と述べ、2020年中に予算の内3億1600万ユーロをイタリアの貿易促進機関(ICE)に、4億ユーロを国家機関である中小企業向け外国貿易保険サービス(SACE SIMEST)に割り当てることを発表。

ディマイオ外務大臣は、大使館、貿易機関、その他の省庁と協調様々なアクションを起こしていくことを強調し、それぞれの貿易相手国ごとに、個別に、イタリア製品や観光に関して情報発信やプロモーションキャンペーンを展開するとした。国内では事業者向けにビジネスで利用可能なツールの開設用のe-bookの製作などを行うとも述べた。

(JIEF/DIRE)