イタリア:マスク通販・転売のオンラインパトロールが開始

イタリアでのコロナウイルス感染症拡大によるマスク不足を受け、マスクを投機的に高額で転売する事例が後を絶たない。 3月9日以降、緊急期間中の医療用具の転売防止のためFacebook、Amazon、E bay、Googleは、医療用マスクに関連する広告を厳しく制限しはじめた。

しかし、これらのプラットフォーム、特にFacebookでは、違反事例が相次ぐ。デジタル通信代理店のSocialComは、2~3月の間に作成されたFacebookページを監視し、法外な価格でのマスクのオンライン販売を行っている事例を反トラスト機構に報告している。

これらの製品の価格は大きく高騰しており、1個6~7ユーロから20ユーロに達するものもある。さらに、そのほとんどは、ウイルスからの保護のための基準を満たさない商品だと報告されている。

この代理店ではこれらのリストをウェブサイトに公開し、ソーシャルネットワークで報告できるようにし、さらに電子メールinfo@socialcomitalia.comからもアンチトラスト報告を受け付けている。

(DIRE/JIEF)