イタリアで「本物のカルボナーラ?」論争勃発:伝統のカルボナーラとは

ローマを代表する伝統的な郷土料理のひとつである「パスタ・アッラ・カルボナーラ」を汚した罪で、セレブシェフのゴードン・ラムゼイ氏が「炎上中」だ。

(こちらが、ゴードン・ラムゼイ氏が紹介したカルボナーラ。イタリア人とみられるユーザーのものを中心に、なかなか辛辣なコメントがずらり。)

この動画を受けて、イタリアのグルメブログのフーデリオ(Fooderio)は、カンポ・デ・フィオーリ(Campo de’ Fiori)広場の老舗レストラン「ラ・カルボナーラ(La Carbonara)」で、本物のカルボナーラの作り方のレシピ動画を制作。

フーデリオ(Fooderio)のページに飛びます

解説には、ミシュランの星を18個も獲得するオーナーシェフでもあり多くのテレビ番組にも出演しているイギリス人の人気シェフゴードン・ラムゼイ氏の「創作カルボナーラ」も「もちろん美味しいのだろうけど」、としたうえで、フーデリオ(Fooderino)としては、有名人のゴードン氏に対して伝統的なレシピをもって、お茶目に対抗した、とのコメント。

ローマではまだ複数のレストランで昔ながらのレシピが守られており、その中でも、カンポ・デ・フィオーリ広場の「ラ・カルボナーラ」では、4代目のアルベルト・マルテッリ(Alberto Martelli)氏の協力で、100年前から守られているカルボナーラを、基本的な材料で、見せかけのクリームではない、本物のカルボナーラを紹介したのだとか。

フーデリオの記事はこう締めくくられている。「親愛なるラムゼイさん。あなたのも、美味しいだろうけど、カルボナーラはローマ料理では伝統の一皿なのだよ」

(JIEF/DIRE)